緊急事態宣言再発令に伴う北京都若者サポートステーション対応について 2/2更新

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、職員はマスクを着用しております。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。来所者の皆様におかれましても、マスクの着用、サポステ入口に体温計および消毒液を設置しおりますので、体温測定および手指の消毒にご協力お願いいたします。

2/2更新

緊急事態宣言の期間延長に伴い、オンライン相談等の処置を宣言解除までの期間に延長させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1/13更新

現在、政府により4都県に緊急事態宣言が発令されていますが、近日中に京都府内においても宣言が予想される状況を考慮し、北京都若者サポートステーションでは1月13日より以下の対応を取らさせていただきます。

現在、継続相談されている利用者様(舞鶴・京丹後サテライト・各出張相談)

現在、相談予約されている利用者様については通常通りとさせていただきますが、以降の相談を「延期またはビデオ通話(ZOOMを利用、ビデオ通話or音声のみ)」に切り替えさせていただきます。詳細につきましては個別にご案内させていただきます。

新規利用者様について

直接、新規のお申込みがあった場合は、お電話にてビデオ通話のご説明をさせていただきます。初回相談を含めビデオ通話(ZOOMを利用、ビデオ通話or音声のみ)での相談とし、以降は上記①の対応を取らさせていただきます。

※対面相談が必要であると判断した場合は感染防止策を徹底したうえで行わせていただきます。

③現在予定されているセミナーについて

現在予定されているセミナーにつきましては、オンラインでの開催となります。参加には無料のアプリ「Zoom Cloud Meetings」のインストールが必要です。詳しくはセミナーお申し込み時にご説明させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

8/27更新

北京都若者サポートステーションでは 8月より対面相談および出張相談をオンライン相談に変更させていただいておりましたが、9月からは通常通り来所での対面相談を再開させていただきます。尚、来所での対面相談に不安を感じられる方につきましてはオンラインでの相談も可能です。

4/21

オンライン相談の手順を公開しました。詳しくはこちらからぞうぞ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です